愛宕山の湧水(あたごやまのゆうすい)

 高社山麓唯一の滝「不動滝」より流れ落ちる水が、地下浸透し約1キロメートル下の昔修験者が修行した愛宕山の広場といわれる場所に、豊富な湧水となって湧き出したものといわれています。
 愛宕信仰は、京都市の愛宕山山頂にある愛宕神社から発祥した火防の神に対する神道の信仰でるす。愛宕信仰は、愛宕山に集まった修験者によって江戸時代中頃から全国に広められました。

水質評価

カルシウムイオン 11mg/L
マグネシウムイオン 2.5mg/L
ナトリウムイオン 5.6mg/L
カリウムイオン 0.8mg/L
炭酸水素イオン 21mg/L
塩化物イオン 3.5mg/L
硫酸イオン 24mg/L
炭酸イオン 0mg/L
溶性ケイ酸 33mg/L
硝酸性窒素 1.1mg/L
亜硝酸性窒素 0mg/L
有機物 0mg/L
蒸発残留物 118mg/L
硬度 5.6mg/L
臭気強度 0
0mg/L
マンガン 0mg/L
電気伝導率 11mS/m
pH 6.7
色度 0度
濁度 0度


おいしい水総合評価   

評価基準はこちら

<前   次>

備考

水質評価にあたり、細菌類は評価対象にないため飲用の適否については判定しておりません。



トップに戻る

愛宕山の湧水(あたごやまのゆうすい)