岩松院 弁天清水

 岩松院は、「葛飾北斎」が亡くなる2年前に描いたとされる本堂内の「鳳凰図」で知られています。また、俳人「小林一茶」が文化13年4月20日にこの寺を訪れ、蛙合戦を見て「痩せがえる負けるな一茶これにあり」と詠んだ「蛙合戦の池」が本堂裏手にあります。
 弁天池清水は、岩松院入口の左手にあり、炭酸分が多く胃腸に良いと云われています。昔からお茶水として親しまれてきました。

水質評価

カルシウムイオン 12
マグネシウムイオン 3.2
ナトリウムイオン 6.8
カリウムイオン 1.7
炭酸水素イオン 35.7
塩化物イオン 4.6
硫酸イオン 6.4
炭酸イオン
溶性ケイ酸
硝酸性窒素
亜硝酸性窒素
有機物
蒸発残留物
硬度 43
臭気強度
マンガン
電気伝導率
pH
色度
濁度

単位 mg/l


おいしい水総合評価   

評価基準はこちら

<前   次>

備考

水質評価にあたり、細菌類は評価対象にないため飲用の適否については判定しておりません。



トップに戻る

岩松院 弁天清水