観音霊水

 「観音霊水」は環境省の「平成の名水百選」に選定されており、飯田市南信濃和田の盛平山の山麓に位置する、曹洞宗盛平山龍渕寺(龍淵寺)の境内に水汲み場があります。このお寺は、古くからこの地を領有していた「遠山氏」一族の菩提寺で、大永元年(1521年)に和田城主遠山遠江守景廣により創建されました。観音霊水の水は、盛平山の中腹に湧き出ていて、昔から地域の農業用水や生活用水として利用されてきました。「観音霊水」の名前は、盛平山山頂付近ある「百体観音」(嘉永年間に秩父三十四箇所、西国三十三箇所の67観音像を建立したもの。その後平成14年に更に40体の観音像が加わった。)に因んでつけられたもので、お寺の横に和田城が郷土資料館として復元された際、お寺の副住職により水汲み場が整備されました。
 ここの水については、かつて1996年に下伊那教育会の元陸水委員だった浅野清志氏(当時は泰阜南小学校長)が調べたところ、カルシウムを多く含む弱アルカリ性の水であることが判りました。このことがその後マスコミ等で取り上げられ話題となり、注目を集めるようになりました。

水質評価

カルシウムイオン 49
マグネシウムイオン -
ナトリウムイオン 3.5
カリウムイオン -
炭酸水素イオン 183
塩化物イオン 0.7
硫酸イオン 34
硬度 176

単位 mg/l


おいしい水総合評価   

評価基準はこちら

<前



トップに戻る

観音霊水