白糸の滝

 流下する水が幾筋にも分かれる滝に対し、その様が白糸や絹糸を垂らしたようであることから名付けられました。山形県戸沢村、福島県猪苗代町、群馬県長野原町、山梨県小菅村、岐阜県下呂市、静岡県富士宮市など、全国各地に同名の滝があります。
 軽井沢町の白糸の滝は、千曲川の支流の一つである湯川の源流に当たり、浅間山の伏流水が岸壁の間から湧き出して滝となっています。

水質評価

カルシウムイオン 18
マグネシウムイオン 10
ナトリウムイオン 15
カリウムイオン 3.9
炭酸水素イオン 59.8
塩化物イオン 17
硫酸イオン 54
炭酸イオン
溶性ケイ酸
硝酸性窒素
亜硝酸性窒素
有機物
蒸発残留物
硬度 86
臭気強度
マンガン
電気伝導率
pH
色度
濁度

単位 mg/l


おいしい水総合評価   

評価基準はこちら

<前   次>

備考

水質評価にあたり、細菌類は評価対象にないため飲用の適否については判定しておりません。



トップに戻る

白糸の滝