こわ清水

 冠着山一帯には山腹の「坊城平の清水」、北斜面の「樽ノ口の清水」、北山麓の「大滝社の清水」があり、雄沢川水源にあたる「大入の清水」など、沢山の清水が湧出しています。こわ清水は千曲市羽尾の雄沢川沿いにあり、千曲市が行った「将来わたって残したい自然に関するアンケート」では、清水・湧水部門で「桜清水」に次いで第2位に選ばれるなど、地域の人に親しまれています。
 千曲市八幡にはこれらとは別に「八幡の七清水(七瀬)」といわれる清水があります。「大池清水(弁天清水)」、「嘉瀝清水」、「桜清水」、「小瀧清水」、「山ノ神清水」、「大明神清水」、「頭無清水」の7ヶ所のことで、一部は千曲市の水源や日本酒の仕込み水として使用されています。

水質評価

カルシウムイオン 8.2
マグネシウムイオン 2.3
ナトリウムイオン 3.5
カリウムイオン 0.8
炭酸水素イオン 27.1
塩化物イオン 3.0
硫酸イオン 4.6
炭酸イオン
溶性ケイ酸
硝酸性窒素
亜硝酸性窒素
有機物
蒸発残留物
硬度 30
臭気強度
マンガン
電気伝導率
pH
色度
濁度

単位 mg/l


おいしい水総合評価   

評価基準はこちら

<前   次>

備考

水質評価にあたり、細菌類は評価対象にないため飲用の適否については判定しておりません。



トップに戻る

こわ清水