日本薬剤師研修センターの薬剤師研修・認定電子システム(PECS)の稼働時期の変更とこれに伴う措置について

本年10月下旬に予定されておりました、日本薬剤師研修センターの、薬剤師研修・認定電子システムの稼働は、準備が整ったものから一部を開始しつつも、全面的な本稼働は令和441日に変更されることになりました。また、これに伴い講じられる措置等が下記の通り示されましたのでご案内申し上げます。

 記 

1.研修会開催申請

(1)現行、薬剤師研修支援システム(PESS)での研修受講シール申請受付(紙の研修受講シール):

【研修会の開催日】

[現行]令和3年11 30 日までに開催のもの

[変更]令和3年10 月1日~令和4年3月31 日までに開催のもの

【申請期限】

令和3年8月31 日で一旦終了

→[再開]令和3年9月27 日~令和4年1月31 日まで(変更申請受付も同日まで)

 

(2)新、薬剤師研修・認定電子システム(PECS)での研修会開催申請受付:

「令和4年4月1日以降に開催する研修」について、令和4年2月1日開始予定

 

2.時限的特例措置

時限的特例措置の適用期間】

[現行]令和3年11 30 日までに開催のもの→[変更]令和4年3月31 日までに開催のもの

【時限的特例措置の新規の適用願(特例を利用する団体届出)の申請】

[変更なし]

令和3年7月15 日(消印有効)を以て受付を終了しており、内容変更のための適用願の再提出も含め、受け付けない。

 

3.薬剤師個人の認定申請

(1)現行方式での認定申請受付

・「研修認定薬剤師」、「漢方薬・生薬認定薬剤師」(手帳等利用による紙媒体での認定申請)

【申請期限】[「研修認定薬剤師」については個人から研修協議会への申請期限]

[現行]令和3年10 31 日(消印有効)→[変更]令和3年12 31 日(消印有効)

【認定申請料払込期限】[個人から研修センターへの払込期限]

[現行]令和3年9月30 日→[変更]令和3年11 30

12月末までに申請予定がある場合は、1130日までに認定申請料を振り込むを行うこと)

・「小児薬物療法認定薬剤師」(薬剤師研修支援システム(PESS)のみで申請受付)

【申請期限】

[現行]令和3年10 20 日→[変更]令和4年3月15 日までに払い込みまで完了させること

※注意点①

「研修認定薬剤師」、「漢方薬・生薬認定薬剤師」の認定申請受付について、同センターでは令和4年1月1日~1月 10 日はいずれの方法も受け付けないため、その間に申請する必要がある場合は令和3年12 31 日までに必ず申請すること。

※注意点②

「研修認定薬剤師」について、12 1 日~12 月末日または1 1 日~1 10 日までに更新申請を予定している場合、現行方式では、認定期限の1か月後まで更新申請が可能だが、11 30 日以降に振込口座が閉鎖される予定のため、払込期限は「11 30 日まで」となることに留意する必要がある。

 

(2)新、薬剤師研修・認定電子システム(PECS)での認定申請受付

  「研修認定薬剤師」、「漢方薬・生薬認定薬剤師」、「小児薬物療法認定薬剤師」について令和4年1月11 日開始予定

 

4.受講単位請求期限等

(1)現行の薬剤師研修支援システム(PESS)での受講単位請求の申請

・「研修認定薬剤師」、「漢方薬・生薬認定薬剤師」

【受講単位請求の申請期限】

[現行]令和3年8月31 日→[変更]令和4年1月31

【取得済み単位の印刷(ダウンロード)期限】

[現行]令和3年10 15 日→[変更]令和4年3月15

・「小児薬物療法認定薬剤師」

【必須業務実績報告】

提出期限が令和4年3月31 日までの報告は従来の方法により提出する。

【令和4年3月31 日までに参加等した研修会の単位請求期限】

令和4年4月30 日(消印有効)までに従来の方法により行う。

・インターネット実施機関が実施するインターネット研修

令和4年3月31 日まで受講を可能とする。当該実施機関は令和4年5月15 日までに受講者に研修受講シールを交付する。

 

(2)新、薬剤師研修・認定電子システム(PECS)での受講単位請求の申請受付

令和4年4月1日開始予定

 

5.その他

・都道府県薬剤師研修協議会の対応

令和3年12 31 日(消印有効))までに提出された「研修認定薬剤師」にかかる申請書類について、令和4年131 日までに研修センターに送付すること。

・認定実務実習指導薬剤師に関わる養成講習会開催申請及び認定申請(新規又は更新)

  令和4年3月31 日まで、従来どおりとする。

 

 

薬剤師研修・認定電子システム(PECS)登録について

日本日本薬剤師研修センター(以下、研修センター)が運用する研修認定薬剤師制度は、これまでの紙媒体による申請(研修手帳、研修シール)は原則廃止となり、電子システム(PECS)へ移行されます。
PECSでは、薬剤師一人一人に個人登録していただき、研修認定薬剤師制度の申請(新規・更新)は、直接オンライン申請することとなります。ご登録いただけない場合、PECS本稼働後は研修受講単位の交付ができません。下記注意事項をご確認の上、ご登録をお願いいたします。
また、申請から登録完了までに2,3か月の時間を有します。本稼働に間に合うよう、出来る限り早めの登録をお願いします。

 

◆PECS登録方法を利用するには

各自でPECSに登録し、ユーザーIDの交付を受けてください。
登録に際しては、氏名などの個人情報のほか、薬剤師名簿登録番号・登録年月日の入力が求められるため、お手元に薬剤師免許証をご準備の上、日本薬剤師研修センターホームページから「▶薬剤師研修支援システム」へアクセスしてください。

 

◆交付済の研修受講シールの取扱い

PECS本稼働までに交付された研修受講シールについては、「薬剤師研修手帳」または「研修認定薬剤師研修受講シール整理表」に貼付し、PECS認定申請時に併用して申請が可能です。(PECSによる認定申請の受付開始日や具体的な申請方法は未定)

 


PECSに係る最新情報は日本薬剤師研修センターより通知があり次第、随時お知らせいたします。問い合わせ等は、県薬事務局または日本薬剤師研修センター(pecs-info@jpec.or.jp)へ直接メールでお願いします。