気をつけよう!身近なうっかりドーピング


 今や、ドーピング検査はオリンピック等に限らず、身近な競技会でも実施されていることをご存じですか?ドーピング違反になると、選手は競技成績が失効したり、資格停止になるなどの制裁を受けることになります。


 実は、医師が処方する医療用の医薬品や、薬局やドラッグストアで購入できる市販薬等の中には、ドーピング禁止物質を含むものもあるのです。たとえ、お薬の使用が病気の治療目的であってもドーピング違反になってしまうことがあり、これをうっかりドーピングと呼んでいます。(治療目的でお薬が必要な場合は、申請手続きをして承認されればドーピング違反にはなりません。)


 長野県薬剤師会では、医療関係者、選手、選手関係者の皆様からのドーピング禁止薬等に関する質問にお答えしております。どうぞ、お気軽にご利用ください。(お問い合わせの際は下記の問い合わせ用紙をご使用ください。)なお、内容により、回答にお時間をいただく場合もあります。


<問い合わせ用紙>   ◆医療関係者用     ◆選手・選手関係者用


長野県薬剤師会 ドーピング防止ホットライン


【電話番号】0263-34-5511(代)  【FAX番号】0263-34-0075(代)


【受付時間】月曜日~金曜日(祝祭日・年末年始を除く) 午前9時~午後5時15分


※ながの銀嶺国体会期3日前より24時間対応(詳細は下記画像をクリック)



関連リンク