「平成30年度長野県認知症対応力向上研修会」を開催します

平成27年1月、厚生労働省が公表した認知症施策推進総合戦略「新オレンジプラン」の中に薬剤師の認知症の対応能力向上が明記され、平成28年度より研修の実施が定められました。

これを受けて本会では、長野県委託事業として、薬局薬剤師が認知症の人とその家族を支えるために必要な基本知識や、医療と介護の連携の重要性等を修得することにより、認知症の疑いのある人に早期に気づき、関係職種と連携して対応するとともに、その後も認知症の人の状況に応じた薬学的管理を適切に行い、認知症の人への支援体制構築の担い手になることを目的とした本研修会を開催いたします。

受講を希望される場合は、下記の参加申込書にてお申込み下さい。


1.日 時 平成30年9月9日 (日)  午後2時00分~午後5時00分 (受付 午後1時30分~)


2.場 所 ホクト文化ホール 小ホール 長野市若里1丁目1−3 ℡026-226-0008


3.内 容(予定)

  Ⅰ.認知症の基本知識

    ・認知症施策の現状、薬局・薬剤師の役割

    ・認知症の原因疾患の特徴と省令、軽度認知障害の理解

    ・観察のポイント(アセスメント)

  Ⅱ.認知症対応力

   ①薬学的管理

    ・認知症に使われる薬(効能・効果・副作用・作用機序)

    ・認知症治療薬の使用上の注意点

    ・薬物以外の療法とケア・服薬の継続管理のポイント

    ・認知症の人・家族への支援

   ②気づき・連携

    ・早期発見、早期対応や他職種連携の必要性と対応

    ・カンファレンス等での薬局・薬剤師の役割

    ・徴候からの気づき、服薬状況からの気づき、医師へのフィードバック

  Ⅲ.制度等

    ・地域包括ケアシステム、介護保険制度

    ・医師やケアマネジャーが薬局・薬剤師に望むこと

    ・認知症ケアパス、認知症初期集中支援チーム、認知症地域支援推進員等の仕組み

    ・若年性認知症の現状と支援の制度

    ・成年後見制度、高齢者虐待の現状


4.受講申込み・お問い合わせ

   長野県薬剤師会事務局  担当:保険医療課 中島・大塚・藤澤

   〒390-0802松本市旭2-10-15 

   TEL:0263-34-5511 / FAX :0263-34-0075 / e-mail  hoken4@naganokenyaku.or.jp

   


    開催要項   参加申込書  (Word) (PDF)